強迫性障害の2つの症状/タニムラ医院(京都府/京都市)

タニムラ医院(京都府/京都市)|強迫性障害の2つの症状

強迫性障害の2つの症状

■強迫性障害の2つの症状

強迫性障害には「強迫観念」と「強迫行為」と呼ばれる2つの症状があります。

強迫観念とは、頭から離れない考えのことで、その内容が患者様ご自身で「不合理」だとわかっていても、頭から追い払うことができない症状です。
このとき患者様は、この考えを無視したり、抑えつけたり、何か他の思考・行為によって考えないようにしようと試みます。患者様は、無意識にそう考えてしまうのではなく、ご自身の精神的なものだと認識しています。


強迫行為とは、強迫観念から生まれた不安にかきたてられて行う行為のことです。患者様ご自身で「やりすぎ」「無意味」とわかっていてもやめられないのが特徴です。その行為は、なにかしらの心の不安や苦痛を予防したり、和らげるためにしてしまうのですが、原因となる問題とは関連のない行為であり、やり過ぎてしまうことが多々あります。


- 不潔恐怖と洗浄
汚れや細菌汚染の恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえす。ドアノブや手すりなど不潔だと感じ、触れない。

- 加害恐怖
誰かに危害を加えたかもしれないという不安が消えず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する。

- 確認行為
戸締まり、ガス栓、電気のスイッチを過剰に確認する。

- 儀式行為
自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない。

- 数字へのこだわり
不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる。

- 物の配置、対称性などへのこだわり
物の配置に一定のこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。

タニムラ医院が提供する基礎知識と事例
  • むずむず脚症候群の症状むずむず脚症候群の症状

    ■むずむず脚症候群の症状 夜になったりじっとしているときに、脚に”...

  • うつ病の治療法うつ病の治療法

    ■うつ病の治療法 うつ病は、「急性期」から「回復期」へと進み、その...

  • うつ病の治療に使われるくすりうつ病の治療に使わ...

    ■うつ病の治療に使われるくすり うつ病の症状は、脳の中で「セロトニ...

  • 四条烏丸駅 心療内科四条烏丸駅 心療内科

    阪急四条烏丸駅周辺にお住まいの方で、うつ病、パニック障害、不眠症、...

  • 交通案内交通案内

    〒615-8073 京都市西京区桂野里町41-75 TEL:075...

  • 不眠のよくある質問不眠のよくある質問

    ■よくある質問 ①不眠と生活習慣病に関連はありますか?  慢性的...

  • よくある質問よくある質問

    よくある質問 Q. どんな症状の方が多いですか? A. 心療内...

  • 医院紹介医院紹介

    ■医院概要 身近な暮らしの中にあるストレス、不眠、うつ等でお困りの...

  • 医師紹介医師紹介

    医師 谷村 仲一 内科 略歴 1949年 京...

強迫性障害の2つの症状|タニムラ医院(京都府/京都市)

ページトップへ